弁護士は裁判官や検察官と並んで法曹三者と言われている法律の専門家です。


以前までは受験資格に制限の無い司法試験を受験して合格する事で法曹資格を得ることができましたが、司法制度改革により法科大学院で法律を学んだ者が試験に合格して弁護士などの法曹になる事ができる制度になりました。


法科大学院には就学年数が2年の法学既修者コースと3年の法学未修者コースが設けられていて、法学部など大学で法律を既にある程度学んでいる人は法学既修者コースに入り、法学部以外の学部の出身者は法学未修者コースに入る事になります。

弁護士の無料相談を詳しく調べるなら便利なサイトです。

この法科大学院へ入学するには法科大学院適性試験という全法科大学院共通の試験に合格した後に、各法科大学院が実施する入学試験に通る必要があります。

その法科大学院で法律に関する専門知識を学び、新司法試験に合格する事で弁護士になる事ができます。

新司法試験は法科大学院を卒業後5年以内に3回まで受験可能な制度になっています。

法律の相談情報のことならお任せください。

その間に合格できれば問題ありませんが、3回受験しても合格できなかった場合や5年以上経過した場合はもう一度法科大学院に入り直す必要があります。
しかしきちんと勉強している人であれば、3回以内で合格できるケースがほとんどで、以前の旧司法試験の合格率と比較すると格段に高くなっています。



そのため弁護士などの法曹を増やす事ができて、以前までは裁判を行うのに時間がかかっていましたが最近では迅速に進める事が可能になってきています。